羅臼昆布の作業行程6【昆布伸し】

昆布伸し

昆布伸し作業では、昆布巻き作業で巻かれ十分にシワが伸びた状態まで達した昆布の玉を今度は一枚一枚丁寧にはがしていく仕事となります。

 

昆布伸し

 

これは手作業となり、筒状の棒に巻いていった昆布を一枚一枚引っ張り出すように剥がしていくしごととなります。

 

 

このように伸された昆布を20枚くらい重ね、コンパネの上に綺麗に並べていき、ある一定まで積み次のコンパネを上に重ね同じ工程を繰り返します。

 

 

こうやって次々と重ねていくことにより上にある昆布の重量で下に伸されている昆布のシワも綺麗にとれていきます。

 

 

最後の昆布を伸し終わったものを一番上に積んだら更にコンパネを一枚上に敷きその上に重石を上げておきます。

 

 

この重石ですが、シワ伸ばしに使うためひとつ10キロ以上のものを数個上げて自然と皺をとっていきます。

 

 

この状態のまま3日〜5日程おきシワガ完全に取れたことを確認したら次の仕事に移っていくのですが、ここも怠ると販売商品にも影響します。

 

 

このあとに足りないところは何かというと日入れという二度目の乾燥です。

 

 

また乾燥なのと思われた方もおられると思いますが、昆布は乾燥食品ということを思い出せば納得いくのでは、いちど柔く戻されてシワ取りがされ再度乾燥されます。

 

 

重石を載せてシワがとれ、ほぼ製品に近い形となり、この状態で乾燥させていくのでお取り寄せ注文や販売されるものの見栄えも良くなります。

 

 

 

昆布の日入れに続く

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

羅臼昆布漁
天然羅臼昆布漁では、消費者の手元に届くまでの作業工程のひとつとなる昆布漁を説明しています。
昆布洗い
天然羅臼昆布が消費者の手元に届くまでの作業工程のひとつとなる昆布干しを説明しています。
生昆布干し
天然羅臼昆布が消費者の手元に届くまでの作業工程のひとつとなる生昆布干し作業を説明しています。
昆布の湿り
天然羅臼昆布が消費者の手元に届くまでの作業工程のひとつとなる昆布の湿り作業を説明しています。
昆布巻き
天然羅臼昆布が消費者の手元に届くまでの作業工程のひとつとなる昆布湿り作業を説明しています。
昆布の日入れ
天然羅臼昆布が消費者の手元に届くまでの作業工程のひとつとなる日入れ作業を説明しています。
昆布のヒレ刈り
天然羅臼昆布が消費者の手元に届くまでの作業工程のひとつとなる昆布のヒレ刈り作業を説明しています。
昆布の選別
天然羅臼昆布が消費者の手元に届くまでの作業工程のひとつとなる昆布の選別作業を説明しています。
昆布検査
天然羅臼昆布が消費者の手元に届くまでの作業工程の最後には、厳しい検査があります。それがどのようなものかを詳しく説明しています。